競売の末路とは

こんにちは、全日本任意売却支援協会の藤本です。

前回までのブログでは競売の流れなどについて話をしましたが、では、実際に競売になってしまうとどうなるのか?

 

>>住宅ローンの滞納が続くと、どうなる?

>>競売になった場合、いつまでに何をすればいいのか

 

端的にいうと、競売後は不動産を失い債務だけがたくさん残ります。

自宅が競売で落札され、買受人が立ち退きの要請をした時点で早急に家から出ていかなければならなくなり、それに従わなければ強制的に退去させられます。

実際の話、買受人が落札後半年以内に申し立てをすれば裁判所から「不動産引き渡し命令」がなされ、その後 1~2 週間程度で不動産を引渡しするようにと命ぜられます。

その際、立ち退きに応じなければ強制執行がなされ、債務者は強制的に自宅から退去させられ、その費用は法律に基づき立ち退きの対象となる債務者が負担することになります。

 

「引渡し命令」とは、落札した不動産に居住者がいたり、家具・家電の物が置いてあったりした場合、その買取人に対して不動産を引き渡すように命令することです。

 

この申立は落札後に代金の支払いを行ってから原則として 6 ヶ月以内に行われます。

不服の申立があった場合は地方裁判所または高等裁判所でその手続きをすることになり、裁判の判決が出るまで命令が確定しません。この命令を出しても相手が応じない場合は強制執行の手続きに進みます。

 

強制退去後も多額の債務だけは残りますが、ローンの残債も一括で支払うように求められ、給料も差し押さえられることになってしまいます。

このような最悪の事態を避けるためにも可能な限り早めのご相談をお勧めします。

 

[もっと役立つ情報を知りたい方はこちら]

競売の流れ

競売を申し立てられた場合、実際にはどのようなことが起きるのかを順に見ていきましょう。