競売になった場合、いつまでに何をすればいいのか

こんにちは、全日本任意売却支援協会の藤本です。

前回のブログ『住宅ローンの滞納が続くと、どうなる?』で、銀行の催促〜競売〜調査〜入札と流れに沿って解説しました。

では、もし競売の申立てをされてしまったら、もう回避することができないのでしょうか?

答えは『いいえ』です。

ただし、裁判所から「競売開始決定通知書」が届いたということは、銀行がもうこれ以上待てないと判断したということなので、時間的余裕はあまりないという認識は持って頂きたいです。

というのも、それまでには銀行から「督促状」「代位弁済」の通知など届いてませんでしたか?それ以外にも、銀行からは電話を含め、何らかのアクションはあったはずです。

銀行は、顧客でもあり債務者でもあるあなたから、どうにかして支払いをしてもらいたいと思っている訳です。

 

 

「なぜ競売になるのか?」

では、なぜ銀行は競売を申し立てるのでしょうか?

銀行が「もはや支払いの目途はつかない」「本人からの回収は不可能であろう」と判断すれば、別の手段で回収しようとする訳です。そして、最終的な回収手段として「競売」を申し立て、強制的に回収を行うことになります。

 

ただし、競売は、銀行としてもやむを得ず実行する“苦肉の策”です。

というのも、競売で落札されると、通常売れる金額よりもはるかに低い金額となってしまうからです。

少しでも不動産を高く売って、残りの住宅ローンの返済に充てるためにも売却価格は高い方がいいですよね。

 

 

「いつまでなら任意売却が可能か?」

さて、競売が申し立てられると、裁判所はあなたの不動産を競売物件として売却に向けた手続きを行います。

そこで問題になるのは「いつまでなら任意売却が可能か?(=競売の取り下げが可能か?)」ということです。

 

よく「競売開始決定通知」が届くと、もう競売は取り下げられない、諦めようと思う方もいらっしゃいますが、誤解しないでください。

競売開始決定通知は、あくまで“これから競売手続きを開始する旨”の内容であって、まだ任意売却は可能です。

任意売却が可能なタイムリミットは入札日の前日です。銀行によっては、その後の開札日の前日まで認めてもらえるケースもあります。

つまり、競売が開始されたとしても、およそ3ヶ月~半年以内に任意売却を成功させることができれば、競売を取り下げることができるのです。

ただし、その時の条件としては、“競売の予想落札価格よりも高い金額で売却ができ、かつ、入札日の前日までに買い手を見つけ、売買契約から引渡しまで行うこと”です。

 

 

最初にも申し上げましたが、何もしなければ競売の手続きはどんどん進んでしまっているため、時間的な余裕はありません。

あなたがどれだけ早く行動できるかにもかかっています。まだ間に合います!諦める前に一度専門相談員にご相談下さい。

 

[もっと役立つ情報を知りたい方はこちら]

競売の流れ

競売を申し立てられた場合、実際にはどのようなことが起きるのかを順に見ていきましょう。