教育ローン、無担保ローンを重ねて、自転車操業に。

こんにちは。全日本任意売却支援協会の武井です。

今回は任意売却をご希望でご相談に来られた杉下さん(仮名)のお話です。

 

杉下さんは堺市内の戸建に奥様とお住まいでした。

娘さんが二人いましたが、既に独立して二人とも結婚し、新しい家庭を築いていました。

 

 

031002

 

杉下さんは新卒で入社してから今まで、一つの会社にこつこつ勤めていました。

当初の想定では、住宅ローンは繰り上げ返済を何度かし、既に完済間近の予定だったそうです。

 

しかし、会社の業績不振が続き、支給される給料は頭打ちになり、

当初の返済計画は狂ってしまいました。

 

二人の娘さんが私立の大学を志望した際、

教育資金が足りず教育ローンも借入をしていた杉下さん。

 

住宅ローンにプラスして教育ローンの返済、そして頭打ちどころか

年々目減りしていく収入、、、。

 

そんな生活を続けていくうちに、ついに収入が支出を上回るようになり、

住宅ローンを払う資金が手元に残らなくなってしまいました。

 

それでも、責任感の強い杉下さんは、何とかして絶対に返済しなければ!

と考えたそうです。そこで、解決にはならないと分かっていながらも、

無担保ローンで資金を調達することで、住宅ローンの返済資金を補うようになってしまいました。

 

いわゆる“自転車操業状態”に陥ってしまったのです。

 

全てのローンの返済額を合わせると、月々約21万円にものぼっていました。

 

これは、杉下さんの月々の収入の約3分の2の額でした。

当然、返済できる訳がありません。

 

そこで、また足りない分の補てんをしようと借入を繰り返し、

それでももう、借入できる銀行がなくなった時点で、

当協会のホームページに辿り着き、ご連絡を下さったそうです。

 

“どうやって返済していくのか”

お金のことに毎日毎日思い悩み、お金のことが頭から離れず、

本当に辛い毎日を過ごしていたのでしょう。

 

初めて杉下さんとお会いした際、その日々を涙ながらに話してくださいました。

現在、杉下さんは任意売却に向けて準備を進めている最中です。

任意売却を無事に成功させ、またゼロから新しいスタートを

切りたいと話してくださった杉下さんの希望を必ず叶えるべく、

全スタッフで奮闘しています。

 

杉下さんのように、返済のために新たな借入を起こし、

立ち行かなくなってから相談に来られる方が本当にたくさんいらっしゃいます。

 

誰かに相談したり、頼る前に、自分でなんとかしなければ!

と思って抱え込んでしまうのでしょう。

 

しかし、誰かを頼ったり、相談することは決して“逃げ”ではありません。

 

1人で抱えこんで、夜も眠れない毎日を過ごしてしまう前に、

1日でも早くその重荷を一緒に背負わせてください。

 

お金の問題は、絶対に解決できます。

 

おわり