• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決事例

【持病の悪化で支払いが困難に・・・】生活準備金が捻出できて、再スタートできた

相談者 藤田 明(仮名)様
年齢 45歳
職業 会社員(保険会社)
家族 なし
住所 東京都北区


【お支払いができなくなった理由】

持病の悪化により仕事が続けられなくなり、無収入の期間が続きました。現在は体調も回復し、再就職できましたが、収入が大幅に減り、住宅ローンの返済が難しくなりました。


【お客様の希望】

手もとにお金を残して、再出発したい

解決までの流れ

ご相談いただいたのは、競売開始決定通知がきた翌週でした。

入札まで約4ヶ月ほどと予測できました。すぐに債権者との話し合いを進め、販売活動を行いました。

持病を抱えながらの生活で掃除もままならなかった室内状況は決して良いものではありませんでした。

しかし、投資家の方のご協力や、何度も債権者に連絡をしたことが、解決に繋がりました。

無事に引越代の捻出もでき、任意売却が成功しました。

お客さまのご感想

持病がまたいつ悪化するかわからない中での相談だったのでとても不安でした。

でも、最初に電話に出てくださった方がとても親身にお話を聞いてくださり安心しました。

ご担当頂いた芳賀さんも、私の身体を気遣いながら何度も報告くださり、親切にして頂きました。

新しい生活のための引越代も出ることになり、本当に相談してよかったです。ありがとうございました。

今回の担当者より一言

ご不安な状況の中でも相談くださったことにとても感謝しております。

藤田さんが諦めず、一緒に協力しながら任意売却を進められたことが成功に繋がったと思っています。

債権者さんのご協力もあり、引越代も捻出することができ本当に良かったと思います。これからもお身体を大切にしてください。ありがとうございました。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top